◆昭和天皇記念館の展示内容(案)

◆昭和天皇記念館の展示内容(案)

国交省の情報公開で明らかになった、天皇記念館の展示内容(案)の一部をお伝えします。

●平成17年2月22日付
都市再生機構東日本支社東日本公園事務所長から国交省関東地方整備局国営昭和記念公園事務所長への文書
タイトル「国営昭和記念公園特定公園施設(昭和天皇記念館)の展示計画等について(届出)」

(1)企画(常設)展示

★「昭和天皇87年の御生涯」
87年の御生涯を、写真を中心に、補完映像や関連の御遺品と併せて展示する
(写真、プレート(御製)、執務机、映像(液晶モニタ)、肖像レリーフ)

★「生物学御研究」
ご幼少の頃から動物や植物にご興味をお持ちになっておられた昭和天皇のご研究の歩みやご研究のご様子などを、ご報文や著書・実物標本・映像等で展示する。さらに、研究の中心の場となった皇居内の生物学御研究所の一部を、研究用具・標本類、調度品などで復元・再現し、ご研究のご様子が等身大でわかる展示とする。
(ご著書類、生物学御研究所 ★墨塗りあり)

★「皇孫・皇太子時代」
若き皇孫・皇太子時代のご様子を紹介する

★「儀式・行事」
御装束等で儀式・行事のご様子を紹介する

★「昭和天皇・香淳皇后とのご日常」
お身の回りの調度品、御洋服等の展示により、ご日常の生活の一端を紹介する
(御遺品〔御装束、御洋服、御和服等〕、写真等)

★「パソコン検索コーナー」
昭和天皇にご関係する項目のパソコン検索ができるコーナーとする。検索項目は、昭和宮中歳時記、昭和大礼、昭和天皇と香淳皇后、昭和天皇ゆかりのもの(乗物、住まい、建物)等とする

★「エピローグ」
記念館の施設や展示に関する図書、解説書、関連出版物をはじめとし、オリジナル商品などの販売、及び記念館建設協力者への感謝メッセージ銘盤等の展示とする
(感謝メッセージ銘板)


(2)企画展示
テーマ:開館記念展「昭和天皇とあけぼのすぎ」(仮称)
期間:開館日より6ヶ月間

★特別展示①即位(昭和の幕開け)②平和(戦後の巡幸)③穏やかな日々

 昭和天皇のご在位60有余年は未曾有の昭和激動の時代であった。国民と悲しみも喜びもともにされたお姿は、今でも人々の心に残っている。
 昭和天皇は、戦後の荒廃した日本が経済大国へかけ上がっていく姿を、あけぼのすぎ(メタセコイヤ)の成長になぞらえて、感嘆を込めて御製に詠われている。
 特別展示では、昭和の歴史の始まりと、その転換点となる昭和20年代に思いを馳せ、昭和天皇と香淳皇后の仲睦まじいお姿をお偲びし、今日に続く昭和天皇のお姿が感じられる展示構成とする。

(特別儀装馬車、御料車(赤ベンツ)、御装束、御椅子、御洋服、御和服、歯簿(模型)、お召列車(模型)、詔書(レプリカ)、写真等 ★墨塗り有り)
[PR]
by sosidan | 2005-07-27 09:54 | ◆「昭和天皇記念館」?
<< ◆「昭和天皇記念館いらない宣言... ◆昭和天皇記念館の展示内容(案) >>