「昭和天皇記念館」とは?

◆「昭和天皇記念館」って?

●昭和記念公園に昭和天皇の国営博物館が作られています。

 昭和記念公園に国が「昭和天皇記念館」という博物館の建設
を進めていることをご存知でしょうか。建物の完成は2005年3
月末、開館は10月と予定されています。国が税金を出して建設
される天皇の記念館は初めてのものです。

●昭和天皇の戦争責任については一切描かない「天皇記念館」。

 昭和天皇・裕仁は1926年に天皇になってから、政治的に
も軍事的にも大日本帝国の最高責任者として日本の侵略戦争を
遂行してきました。朝鮮・台湾・中国大陸・東南アジア・太平
洋と次々に戦線を拡大し、植民地を広げ、300万人を超える
日本人と2000万人を超えるアジアの人々が戦争の中で命を
落としました。戦後多くの日本人兵士や将校が「戦犯」として
裁かれる中、彼は戦後も「象徴天皇」として生き延びました。

●展示を委託されたのは三菱系天皇主義団体

 国に昭和天皇記念館の展示や運営を委託されたのは、「昭和
聖徳記念財団」という天皇主義財団です。この財団は、強制連
行などへの責任を果たさない三菱系企業の大物である大槻文平
が91年に設立、現在の理事長も三菱マテリアル相談役が務める
三菱財閥を中心にした政・財・官・宗一体の財団です。

●日本の戦後が問われています。立川に天皇施設はいらない!

 これら全ての戦争と占領に最終的な命令を下し責任を負って
いたのが昭和天皇です。今年は「戦後60年」として、戦争の
記憶が鋭く問われる年になると思います。イラク戦争に自衛隊
を派兵するなど、新たな戦争への関与を始めた日本でも、60
年前の侵略戦争をどう記憶し教訓を生かしていくかが問われて
います。侵略戦争の最高責任者を賛美する日本政府のやり方は
、まさに恥ずべき態度であると思います。


■「展示計画」の一端

~「記念館」では、こんな展示が計画されています~

●天皇家の儀式や行事に関する衣装など
⇒「即位の礼」など、政教分離裁判で問題になった儀礼に関す
る展示を国が行います。

●戦後「巡幸」・植樹祭・海外訪問の写真など
⇒あくまでも「戦後」から始まる昭和天皇史。軍服の「大元帥
」裕仁の観兵式などは一切展示せず。

●昭和天皇の作った和歌
⇒沖縄へ生涯行けなかったことを悔やんでみせる和歌も展示さ
れるそうです。

●植物研究に関する資材など
⇒戦時中、裕仁が植物学の研究をしていた「粗末な」研究室を
展示して「国民との一体感」を表現するそうです。
[PR]
by sosidan | 2005-06-29 16:12 | ◆「昭和天皇記念館」?
<< 阻止団の自己紹介 ■「昭和聖徳記念財団」について >>