カテゴリ:◆「昭和天皇記念館」?( 4 )

明仁 記念館に来ていた!

明仁がいつの間にか記念館に来ていました!
やられた!!

http://www.asahi.com/national/update/1006/TKY200610060149.html
天皇、皇后両陛下が昭和天皇記念館を視察(朝日新聞)
2006年10月06日11時10分

 天皇、皇后両陛下は6日午前、東京都立川市の国営昭和記念
公園内にある昭和天皇記念館を視察した。05年11月に開館
した同館を両陛下が訪れたのは初めて。
 昭和天皇の87年の生涯を振り返る平常展示のパネルや執務
机、皇居内の生物学研究室を復元した部屋などを回り、特別展
示中の良子(ながこ)皇后(香淳皇后)の自筆の日本
画や愛用のグランドピアノなども懐かしそうに見て回った。
[PR]
by sosidan | 2006-10-11 07:30 | ◆「昭和天皇記念館」?

◆昭和天皇記念館の展示内容(案)

◆昭和天皇記念館の展示内容(案)

国交省の情報公開で明らかになった、天皇記念館の展示内容(案)の一部をお伝えします。

●平成17年2月22日付
都市再生機構東日本支社東日本公園事務所長から国交省関東地方整備局国営昭和記念公園事務所長への文書
タイトル「国営昭和記念公園特定公園施設(昭和天皇記念館)の展示計画等について(届出)」

(1)企画(常設)展示

★「昭和天皇87年の御生涯」
87年の御生涯を、写真を中心に、補完映像や関連の御遺品と併せて展示する
(写真、プレート(御製)、執務机、映像(液晶モニタ)、肖像レリーフ)

★「生物学御研究」
ご幼少の頃から動物や植物にご興味をお持ちになっておられた昭和天皇のご研究の歩みやご研究のご様子などを、ご報文や著書・実物標本・映像等で展示する。さらに、研究の中心の場となった皇居内の生物学御研究所の一部を、研究用具・標本類、調度品などで復元・再現し、ご研究のご様子が等身大でわかる展示とする。
(ご著書類、生物学御研究所 ★墨塗りあり)

★「皇孫・皇太子時代」
若き皇孫・皇太子時代のご様子を紹介する

★「儀式・行事」
御装束等で儀式・行事のご様子を紹介する

★「昭和天皇・香淳皇后とのご日常」
お身の回りの調度品、御洋服等の展示により、ご日常の生活の一端を紹介する
(御遺品〔御装束、御洋服、御和服等〕、写真等)

★「パソコン検索コーナー」
昭和天皇にご関係する項目のパソコン検索ができるコーナーとする。検索項目は、昭和宮中歳時記、昭和大礼、昭和天皇と香淳皇后、昭和天皇ゆかりのもの(乗物、住まい、建物)等とする

★「エピローグ」
記念館の施設や展示に関する図書、解説書、関連出版物をはじめとし、オリジナル商品などの販売、及び記念館建設協力者への感謝メッセージ銘盤等の展示とする
(感謝メッセージ銘板)


(2)企画展示
テーマ:開館記念展「昭和天皇とあけぼのすぎ」(仮称)
期間:開館日より6ヶ月間

★特別展示①即位(昭和の幕開け)②平和(戦後の巡幸)③穏やかな日々

 昭和天皇のご在位60有余年は未曾有の昭和激動の時代であった。国民と悲しみも喜びもともにされたお姿は、今でも人々の心に残っている。
 昭和天皇は、戦後の荒廃した日本が経済大国へかけ上がっていく姿を、あけぼのすぎ(メタセコイヤ)の成長になぞらえて、感嘆を込めて御製に詠われている。
 特別展示では、昭和の歴史の始まりと、その転換点となる昭和20年代に思いを馳せ、昭和天皇と香淳皇后の仲睦まじいお姿をお偲びし、今日に続く昭和天皇のお姿が感じられる展示構成とする。

(特別儀装馬車、御料車(赤ベンツ)、御装束、御椅子、御洋服、御和服、歯簿(模型)、お召列車(模型)、詔書(レプリカ)、写真等 ★墨塗り有り)
[PR]
by sosidan | 2005-07-27 09:54 | ◆「昭和天皇記念館」?

◆天皇記念館関連工事に談合疑惑!!

◆天皇記念館関連工事に談合疑惑!!

 一部メディア(「社会新報」2005年6月8日15面など)で、
昭和天皇記念館関連工事における談合疑惑が報じられて
います。問題となっているのは、記念館と既存の昭和記念
公園を結ぶ橋の工事についてです。受注した川田建設を中心
に入札に参加した企業は、全て摘発を受けている談合組織。
しかもこの橋梁談合グループの幹事会社は三菱系企業のピ
ーエス三菱。三菱といえば昭和聖徳記念財団に役員を何人も輩
出している企業です(現理事長も三菱マテリアル前会長の藤村
正哉)。やっぱり公共事業にはこんな話がつきまとうんですね。
[PR]
by sosidan | 2005-07-27 09:38 | ◆「昭和天皇記念館」?

「昭和天皇記念館」とは?

◆「昭和天皇記念館」って?

●昭和記念公園に昭和天皇の国営博物館が作られています。

 昭和記念公園に国が「昭和天皇記念館」という博物館の建設
を進めていることをご存知でしょうか。建物の完成は2005年3
月末、開館は10月と予定されています。国が税金を出して建設
される天皇の記念館は初めてのものです。

●昭和天皇の戦争責任については一切描かない「天皇記念館」。

 昭和天皇・裕仁は1926年に天皇になってから、政治的に
も軍事的にも大日本帝国の最高責任者として日本の侵略戦争を
遂行してきました。朝鮮・台湾・中国大陸・東南アジア・太平
洋と次々に戦線を拡大し、植民地を広げ、300万人を超える
日本人と2000万人を超えるアジアの人々が戦争の中で命を
落としました。戦後多くの日本人兵士や将校が「戦犯」として
裁かれる中、彼は戦後も「象徴天皇」として生き延びました。

●展示を委託されたのは三菱系天皇主義団体

 国に昭和天皇記念館の展示や運営を委託されたのは、「昭和
聖徳記念財団」という天皇主義財団です。この財団は、強制連
行などへの責任を果たさない三菱系企業の大物である大槻文平
が91年に設立、現在の理事長も三菱マテリアル相談役が務める
三菱財閥を中心にした政・財・官・宗一体の財団です。

●日本の戦後が問われています。立川に天皇施設はいらない!

 これら全ての戦争と占領に最終的な命令を下し責任を負って
いたのが昭和天皇です。今年は「戦後60年」として、戦争の
記憶が鋭く問われる年になると思います。イラク戦争に自衛隊
を派兵するなど、新たな戦争への関与を始めた日本でも、60
年前の侵略戦争をどう記憶し教訓を生かしていくかが問われて
います。侵略戦争の最高責任者を賛美する日本政府のやり方は
、まさに恥ずべき態度であると思います。


■「展示計画」の一端

~「記念館」では、こんな展示が計画されています~

●天皇家の儀式や行事に関する衣装など
⇒「即位の礼」など、政教分離裁判で問題になった儀礼に関す
る展示を国が行います。

●戦後「巡幸」・植樹祭・海外訪問の写真など
⇒あくまでも「戦後」から始まる昭和天皇史。軍服の「大元帥
」裕仁の観兵式などは一切展示せず。

●昭和天皇の作った和歌
⇒沖縄へ生涯行けなかったことを悔やんでみせる和歌も展示さ
れるそうです。

●植物研究に関する資材など
⇒戦時中、裕仁が植物学の研究をしていた「粗末な」研究室を
展示して「国民との一体感」を表現するそうです。
[PR]
by sosidan | 2005-06-29 16:12 | ◆「昭和天皇記念館」?